« 本年度以降も一丸で殺処分の回避を目指す「ゼロ継続宣言」 | トップページ | 第65回指定都市学校保健協議会の学校医研修会 in 横浜市西区のホテル »

5月 24, 2014

茅ケ崎市のミニバイク用ご当地ナンバープレートには、市の広報キャラクター「えぼし麻呂」が描かれたサーフボードと自転車、えぼし岩など、茅ケ崎らしいイラストがふんだんに盛り込まれて

でもって、10月1日から交付を始めるんだって。で、デザインは市内外から応募があり、その中から選考委員会が選んだ3点で一般投票を実施し、茅ケ崎らしいってことで、3歳から茅ケ崎で育った、フリーの女性イラストレーターさーんの描いたものとなったんだと。おめでとうございまーす!でで、そもそもご当地ナンバーの対象は、50~125ccの原動機付き自転車ってことで、排気量に合わせて白、黄、ピンクと色が変わるんんだって。ならば、ご幼少のころからびなで育つ、チェリーさんのご主人もびなのをデザイン?、っていうか、絵心がありませんからだめですな!チェリーさんのご主人は!「えびーにゃ」とチェリーさんとさくらっちと、こーんなでざいんじゃ、一般受けはしませんかな?

|

« 本年度以降も一丸で殺処分の回避を目指す「ゼロ継続宣言」 | トップページ | 第65回指定都市学校保健協議会の学校医研修会 in 横浜市西区のホテル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茅ケ崎市のミニバイク用ご当地ナンバープレートには、市の広報キャラクター「えぼし麻呂」が描かれたサーフボードと自転車、えぼし岩など、茅ケ崎らしいイラストがふんだんに盛り込まれて:

« 本年度以降も一丸で殺処分の回避を目指す「ゼロ継続宣言」 | トップページ | 第65回指定都市学校保健協議会の学校医研修会 in 横浜市西区のホテル »