« 今朝5時18分ごろに地震 | トップページ | 小田原・箱根地域の木々を使ったベンチ on 箱根登山鉄道の箱根湯本駅と強羅駅 »

5月 06, 2014

街路樹のケヤキの枝が落ち、下を歩いていた女児が重傷 in 川崎市宮前区の商業施設敷地

で、落下した枝は複数箇所がひび割れ、折れ口は枯れていたようで、ケアは行き届いていなかったってことですな!ででで、今回の事故を受け、川崎市さーんが各区の道路公園センターに指示した街路樹の緊急点検では、全体の葉が落ちたり、一部の枝だけ芽吹いていなかったり、幹の内部がスカスカだったり…。観察すると、健康な木との違いが分かるようですぞ。が、お役所さーんによる点検は公道の街路樹や公共施設に植えられた木々に限られちゃうってことみたいで、今回の事故のように私有地の樹木にはなかなか目が行き届かないようですな。「木のどく」なんて言ってられませんから、枝の落下や倒木といった事故を防ぐには、やっぱり「木をつける」ことが第一ですかな!あとは、「木めこまかく」樹木を診てあげること!

|

« 今朝5時18分ごろに地震 | トップページ | 小田原・箱根地域の木々を使ったベンチ on 箱根登山鉄道の箱根湯本駅と強羅駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 街路樹のケヤキの枝が落ち、下を歩いていた女児が重傷 in 川崎市宮前区の商業施設敷地:

« 今朝5時18分ごろに地震 | トップページ | 小田原・箱根地域の木々を使ったベンチ on 箱根登山鉄道の箱根湯本駅と強羅駅 »