« チェリーさんのご主人のお母さんが心配で! | トップページ | 労働協約の改定と賃上げをめぐり相模鉄道と相模鉄道労働組合による春闘の労使交渉が難航 »

3月 19, 2014

弥次さん、喜多さんも食べた川崎宿名物「奈良茶飯」

でもって、川崎市内の和菓子店「川崎屋東照」さーんが、江戸時代の人気食だった奈良茶飯を現代風にアレンジした新商品「奈良茶飯風おこわ」を販売開始したんだと。で、奈良茶飯っていうのは米に勝栗(かちぐり)、大豆、小豆、アワなどをお茶の煎じ汁で炊いた炊き込みご飯で、奈良県・東大寺などで食べられていたのが始まりとされ、その名が付いたってことみたいで、川崎宿の奈良茶飯は「万年屋」という江戸時代に宿などで売られ、「江戸名所図会」にも紹介されるなど有名だったんだと。ふーん?でで、この奈良茶飯風おこわは1折り520円で、注文は3日前までに10折り以上から。直接、川崎屋東照さーんへとなんだって。おいしいのかなあ?

|

« チェリーさんのご主人のお母さんが心配で! | トップページ | 労働協約の改定と賃上げをめぐり相模鉄道と相模鉄道労働組合による春闘の労使交渉が難航 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弥次さん、喜多さんも食べた川崎宿名物「奈良茶飯」:

« チェリーさんのご主人のお母さんが心配で! | トップページ | 労働協約の改定と賃上げをめぐり相模鉄道と相模鉄道労働組合による春闘の労使交渉が難航 »