« 江戸時代の絵図を通して、失われた風景を読み解く企画展「絵図の世界」 in びなの市立郷土資料館「温故館」 | トップページ | 6年がかりで地域の子どもたちによる壁画「おかざきの自然」の制作 on 平塚市岡崎の岡崎地下道(壁面約400メートル) »

3月 24, 2014

「キングの塔」の愛称で親しまれている県庁本庁舎で県庁職員3組の結婚式

そんなこんなで、若手職員のプロジェクトチームが取り組んでいる「庁舎活性化」の一環ってことみたいで、“身近な県庁”を目指して今後は一般のカップルに対象を広げていくんだって。で、国登録有形文化財の同庁舎で挙式が行われたのは初めてってことで、そりゃぁそうでしょうなあ?でで、会場となった大会議場は1966年まで県議会の議場として使われた場所で、和風と洋風が融合した荘厳な雰囲気が特徴みたいで、庁内で希望者を募った結婚式は、宗教色のない人前式で行われ、知事も出席したそうですぞ!へーぇ?が、なーんか、どこか、違うような?まあ、それはそうと、結婚されたみなさーん!おめでとうございまーす!いずれは、は我が家のさくらっちの式も!

|

« 江戸時代の絵図を通して、失われた風景を読み解く企画展「絵図の世界」 in びなの市立郷土資料館「温故館」 | トップページ | 6年がかりで地域の子どもたちによる壁画「おかざきの自然」の制作 on 平塚市岡崎の岡崎地下道(壁面約400メートル) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「キングの塔」の愛称で親しまれている県庁本庁舎で県庁職員3組の結婚式:

« 江戸時代の絵図を通して、失われた風景を読み解く企画展「絵図の世界」 in びなの市立郷土資料館「温故館」 | トップページ | 6年がかりで地域の子どもたちによる壁画「おかざきの自然」の制作 on 平塚市岡崎の岡崎地下道(壁面約400メートル) »