« 「60歳代を高齢者と言わない都市宣言」 | トップページ | 江戸時代の絵図を通して、失われた風景を読み解く企画展「絵図の世界」 in びなの市立郷土資料館「温故館」 »

3月 22, 2014

企業や学生のアイデアを生かして、JVCケンウッドが手掛ける「フォレストノーツ」の新しい用途を提案する展示会 in イトーキ東京イノベーションセンターSYNQA

でもって、豊かな発想から生まれた40点余りが並んでんだと。ところでフォレストノーツっていうのは、実際の森林にマイクを設置して、鳥の鳴き声や小川のせせらぎといった音を収集し、インターネット経由でリアルタイムでスピーカーやパソコンなどに配信する仕組みなんだって。ふむふむ。で、今回の展示では、丸太の中にヤシの実の形をしたスピーカーを入れた作品のほか、棚に入れて楽しめるよう本の形状をしたタイプ、浴室でも聞けるようシャワーの形をしたものなど、さまざまな生活シーンでの活用を提案してんそうですな。ふむふむ。でで?

|

« 「60歳代を高齢者と言わない都市宣言」 | トップページ | 江戸時代の絵図を通して、失われた風景を読み解く企画展「絵図の世界」 in びなの市立郷土資料館「温故館」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 企業や学生のアイデアを生かして、JVCケンウッドが手掛ける「フォレストノーツ」の新しい用途を提案する展示会 in イトーキ東京イノベーションセンターSYNQA:

« 「60歳代を高齢者と言わない都市宣言」 | トップページ | 江戸時代の絵図を通して、失われた風景を読み解く企画展「絵図の世界」 in びなの市立郷土資料館「温故館」 »