« 「湘南ひらつか逸品・お披露目会」 | トップページ | 今年一番のぽかぽか陽気? »

1月 26, 2014

マグロの水揚げ基地として栄えた三浦市ならではの恵方巻きが誕生

てなことで、シロカワカジキのみそ漬けをメーンに、市内産の鶏卵を使った卵焼き、春キャベツなど三浦ゆかりの食材が詰まった一品ってことですぞ!で、どうやら、「まぐろ漬」として知られるみそ・かす漬けを手掛ける老舗と寿司(すし)店の若き店主らがタッグを組んで、完成までに8パターンもの試作を重ねてこだわり、地域特有の魅力を詰め込んだってことですな。そりゃぁ、おいしいんでしょうなあ。でで、カジキのみそ漬けを入れた恵方巻きは他にはないんじゃないかってことで、ならば、チェリーさんとさくらっちは見るだけで、チェリーさんのご主人に食べてもらいたいですなあ。ででで、サイズは直径約6センチ、長さは約11センチで、100本限定の予約販売制なんだと。よってもって、予約は29日までで、羽床総本店さーんに問い合わせてみようか?どうしようか?

|

« 「湘南ひらつか逸品・お披露目会」 | トップページ | 今年一番のぽかぽか陽気? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マグロの水揚げ基地として栄えた三浦市ならではの恵方巻きが誕生:

« 「湘南ひらつか逸品・お披露目会」 | トップページ | 今年一番のぽかぽか陽気? »