« 白井貴子巨匠が清川村をテーマに作った賛歌「みんなの未来 清川村KIDS SONG」のCDが完成 | トップページ | マグロの水揚げ基地として栄えた三浦市ならではの恵方巻きが誕生 »

1月 25, 2014

「湘南ひらつか逸品・お披露目会」

で、平塚市などの若手商業者でつくる「平塚逸品研究会」さーんが、この1年間に研究会で開発、発掘した独自商品など41点を紹介するってことで、平塚商工会議所で開いたようですな。でで、この研究会、2009年9月に発足し、店独自のこだわり商品や、「あったらいいと思う」商品の研究、開発、発掘に取り組んできてるんだと。熱心ですなあ。ででで、昨年の逸品では、うどん店「一麦七菜」さーんが開発した冷うどん「水上げわさびのおうどん」が全国逸品セレクションのフード部門でグランプリを受賞したってことで、ならば今回の一麦七菜さーんの逸品は「湯葉あんかけうどん」!どうだ!負けじと、海鮮和食家「いしけん」さーんが相模湾のソウダガツオと湘南一本ネギを使い「うまっソウダふりかけ」を開発したかと思いきや、インテリア家具「アルベリ」さーんは、天竜杉で職人が丁寧に製作した「杉のお手伝いふみ台」、魚料理「旬菜屋NoBu」さーんは地元の魚、野菜で「湘南ご馳走ご膳」、「かばさんの小さなパン屋」さーんは、カバの顔をしたクリームパン「かばパン」と、いやはやみーんなこだわりすぎですぞ!

|

« 白井貴子巨匠が清川村をテーマに作った賛歌「みんなの未来 清川村KIDS SONG」のCDが完成 | トップページ | マグロの水揚げ基地として栄えた三浦市ならではの恵方巻きが誕生 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「湘南ひらつか逸品・お披露目会」:

« 白井貴子巨匠が清川村をテーマに作った賛歌「みんなの未来 清川村KIDS SONG」のCDが完成 | トップページ | マグロの水揚げ基地として栄えた三浦市ならではの恵方巻きが誕生 »