« 県内産の畜産品を一堂に集めた初めての「かながわ畜産フードコレクション」 | トップページ | 1日2回の夕食? »

11月 16, 2013

茅ケ崎市が民間業者と共同開発した新型防災ラジオ

でもって、どうやらポケベルと同じ周波数帯を活用し、従来よりも聞き取りやすくなっているのが特徴なんだと。チェリーさんちもAMは入りにくいみたいなんですけどなあ?でで、この新型防災ラジオ、通常時にはAM・FM放送を楽しむことができ、緊急時には防災行政用無線で流す情報と同じものが流れ、主電源がオフの状態や、通常のラジオ放送を聞いている時でも、防災情報を受信すると自動的に音声が流れる仕組みとなってんだって。すごーい!ででで、もし防災情報を聞き逃した場合でも、最後に受信した内容なら繰り返し聞けるみたいだし、情報を受信した際は、LED)照明が点滅して知らせてくれてもくれんだと。いやいや、ものすごーい!びなにはないのかなあ?

|

« 県内産の畜産品を一堂に集めた初めての「かながわ畜産フードコレクション」 | トップページ | 1日2回の夕食? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 茅ケ崎市が民間業者と共同開発した新型防災ラジオ:

« 県内産の畜産品を一堂に集めた初めての「かながわ畜産フードコレクション」 | トップページ | 1日2回の夕食? »