« 「さくら」さーんは「うま」かった! | トップページ | 春、夏の不漁に苦しんでいた湘南の特産品「湘南しらす」が秋以降、盛返し »

11月 10, 2013

横浜市営バスで運行されていた最後の大型ツーステップバスが廃車

そんなこんなで、横浜市交通局さーんでは24日に、みなさーんへの感謝を込めて、廃車作業立ち会いツアーを開催するんだって。なんか変なの?で、ツーステップバスは乗降口にステップが2段ある車両で、バリアフリー化の流れから、徐々に姿を消してきたってことで、当の廃車となる車、圧縮天然ガス(CNG)エンジンバスで、運行が開始された1999年当時の法規制にのっとり、燃料タンクを車体の床下に設置してたんで低床化が困難だったってことのようですな。ふむふむ。でで、現在は燃料タンクが屋根の上に設置されているため、っていいますけど落ちてこないのかなあ?大丈夫なのかなあ?、この車両を最後に大型の市営バスは全て低床化され、乗降口の段差が小さいワンステップバスとノンステップバスとなるんだと。乗りやすくなるってことですな。ででで、ツアーは午前11時に磯子区滝頭の市電保存館前に集合し、貸し切りバスで廃止路線などを走行後、西区の浅間町営業所で廃車作業に立ち会い、車内の案内放送用装置や釣り銭機などを取り外し、車体に書かれた「横浜市営」の文字をペンキで塗りつぶすんだと。まあ、営業運行ができない状態にするだけなんで解体はしないみたいなんですけど、取り外した設備の一部はその場で購入できるってことなんで、バスマニアにはたまりませんかな?バスはガス爆発させて解体はさせませんーん?

|

« 「さくら」さーんは「うま」かった! | トップページ | 春、夏の不漁に苦しんでいた湘南の特産品「湘南しらす」が秋以降、盛返し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横浜市営バスで運行されていた最後の大型ツーステップバスが廃車:

« 「さくら」さーんは「うま」かった! | トップページ | 春、夏の不漁に苦しんでいた湘南の特産品「湘南しらす」が秋以降、盛返し »