« 十九日なんですけど「十五夜」なんだと? | トップページ | 地域に根ざした独自の芝居づくりを続ける「演劇集団THE素倶楽夢」が設立20周年 »

9月 21, 2013

「しんゆりウェディング」

で、川崎市内の既存の施設やロケーション、イベントを活用し、地域住民や商店街も巻き込んで結婚式を行うことで川崎の地域活性化やイメージアップを目指す試みが動きだしたってことなんで、どこへ行くんだろう?でで、第1弾として、毎冬に新百合ケ丘駅周辺で行われるイルミネーションイベント「kirara@アートしんゆり」と絡めた公開結婚式「しんゆりウェディング」を来年2月に企画してんようですぞ!どうやら川崎市内には、専門の結婚式場やホテル、レストランなどのウエディング施設が少ないみたいで、川崎市内にある公共施設や民間の施設、公園、イベントなどを活用して、自由な発想の結婚式ができるのではないかとのアイデアが浮かび、企画が進んだんだと。いろんなことを考えるもんですなあ?そんでもって、とにもかくにも『新百合ケ丘と聞けば結婚式』という感じにしたいようで、ならばということで、まずは来年2月8日の公開結婚式を希望する川崎市にゆかりのあるカップルを募集してんだと。「はーい!」と手を上げたいんですがなあ?チェリーさんのご主人は?

|

« 十九日なんですけど「十五夜」なんだと? | トップページ | 地域に根ざした独自の芝居づくりを続ける「演劇集団THE素倶楽夢」が設立20周年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「しんゆりウェディング」:

« 十九日なんですけど「十五夜」なんだと? | トップページ | 地域に根ざした独自の芝居づくりを続ける「演劇集団THE素倶楽夢」が設立20周年 »