« ユーモアあふれる車内放送で案内するのは箱根登山鉄道で最も若い車掌さん | トップページ | 県内では14日にびなで35.8度を記録し今季初の猛暑日! »

7月 14, 2013

小田原駅東口の商店街にある小田原北条氏の4代目当主・氏政とその弟・氏照の墓所、

で、地元住民のみなさーんらが約90年にわたり守り続けてて、1923年の関東大震災で埋没した墓所の再建を機に「北條遺跡顕彰会」を結成し、今年も2人の命日である7月11日に供養を行ったってことですな。でで、氏政さーんは、早雲さーんから続く北条氏の4代目で、武田信玄さーんや上杉謙信さーんと和戦を重ね勢力拡大に努めたが、1590年に大軍で小田原城を包囲した豊臣秀吉さーんに降伏し、自刃したとされ、弟の氏照さーんは八王子城主などとして兄を支えたが、氏政さーんとともに自害したとされてんだって。ででで、現在、墓所は小田原駅前の「おしゃれ横丁」の一角にあって、20年ほど前からは「幸福の鈴」の取り組みをスタートさせてて、お参りすると幸せな出会いがあるとして人気が高まってんだと。なーるほど。何はともあれ、小田原はチェリーさんのご主人の生誕の地でもありますからなあ。

|

« ユーモアあふれる車内放送で案内するのは箱根登山鉄道で最も若い車掌さん | トップページ | 県内では14日にびなで35.8度を記録し今季初の猛暑日! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小田原駅東口の商店街にある小田原北条氏の4代目当主・氏政とその弟・氏照の墓所、:

« ユーモアあふれる車内放送で案内するのは箱根登山鉄道で最も若い車掌さん | トップページ | 県内では14日にびなで35.8度を記録し今季初の猛暑日! »