« 綾瀬市の「高座豚手造りハム」のソーセージと市内の施設で障害者が作ったパンを使ったホットドッグが人気 | トップページ | 小田原駅東口の商店街にある小田原北条氏の4代目当主・氏政とその弟・氏照の墓所、 »

7月 13, 2013

ユーモアあふれる車内放送で案内するのは箱根登山鉄道で最も若い車掌さん

で、箱根を訪れる人々の足を担う「箱根登山電車」さーんなんですけど、山岳ならではの急勾配や急カーブを、スイッチバック方式や4つのブレーキ、レールへの散水、短い車体で克服し、乗っているだけでも楽しく、車窓からは四季折々の自然を満喫できるのが魅力ですな。まあ、もっともチェリーさんは乗ったことがないんで、あくまでもうわさなんですけど?でで、加えて、なにやら最近、乗客の安全面に配慮した通常のアナウンスに加え、軽妙な語り口で自動の車内放送にはないアドリブを交えるなど、季節や天候などに合わせた説明で登山電車の旅に彩りを添えている車掌さーんがいるんだって。へーぇ?聞いてみたいもんですなあ?

|

« 綾瀬市の「高座豚手造りハム」のソーセージと市内の施設で障害者が作ったパンを使ったホットドッグが人気 | トップページ | 小田原駅東口の商店街にある小田原北条氏の4代目当主・氏政とその弟・氏照の墓所、 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユーモアあふれる車内放送で案内するのは箱根登山鉄道で最も若い車掌さん:

« 綾瀬市の「高座豚手造りハム」のソーセージと市内の施設で障害者が作ったパンを使ったホットドッグが人気 | トップページ | 小田原駅東口の商店街にある小田原北条氏の4代目当主・氏政とその弟・氏照の墓所、 »