« 芸術を通じ、友情で結ばれた障害者と元ヘルパーの「2人展」 in びなの市民ギャラリー | トップページ | UDタクシーとEVタクシーの専用待機レーン in 横浜駅東口タクシープラザ »

6月 22, 2013

陶磁器「オールドノリタケ」の逸品の一つとされるキャンディーボックスが米国から里帰り

そんでもって、戦前に生糸と並ぶ横浜港からの輸出品だったそうなんですけど、洋食器専門店「タカラダ元町本店」で21日から展示販売されてんだと。「あめちゃん」じゃぁないんですな。で、キャンディーボックスっていうのは日本を代表する洋食器メーカー「ノリタケカンパニーリミテド」の前身会社が1920年代に生産し、ドレスを着た黒髪の女性をアールデコ様式で彩色豊かに表現してて、高さ16・5センチ、直径16センチなんだと。でで、とにもかくにもこの種類のキャンディーボックスは世界で十数点しか現存していないようで、希少性が高いんで、1点限りで126万円なんだと。でもって、結局、何なんだ?何かの「箱」なのかなあ?やっぱり、「あめちゃん」入れる「箱」なんじゃないのかな!

|

« 芸術を通じ、友情で結ばれた障害者と元ヘルパーの「2人展」 in びなの市民ギャラリー | トップページ | UDタクシーとEVタクシーの専用待機レーン in 横浜駅東口タクシープラザ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 陶磁器「オールドノリタケ」の逸品の一つとされるキャンディーボックスが米国から里帰り:

« 芸術を通じ、友情で結ばれた障害者と元ヘルパーの「2人展」 in びなの市民ギャラリー | トップページ | UDタクシーとEVタクシーの専用待機レーン in 横浜駅東口タクシープラザ »