« 伊勢原市ゆかりの美術家の作品が並ぶ「第28回伊勢原美術協会展」 | トップページ | 目玉の一つは一、三塁のファウルゾーンに設けられた、選手のプレーを間近で観戦できる客席「エキサイティング・シート」 »

3月 06, 2013

県内1号店となるカフェベーカリー「ジョアン」

そんなこんなで、ベーカリーショップなどを全国に展開する「ドンク」さーんっていうのがいて、今日、伊勢丹相模原店」内に出店するんだって。でもって、県内初出店に際し地場食材を使った商品開発に取り組んだそうで、甘みが強くフランスパンとの相性がよい相模原特産の「津久井大豆」と、県が開発した、華やかな香りが特徴のかんきつ系果実「湘南ゴールド」を採用することにしたんだと。へーぇ?で、「津久井大豆のフランスパン」だの、ブリオッシュ生地に湘南ゴールドの甘酸っぱいクリームをサンドした「トロペジェンヌ」だの、和三盆を使った「クイニーアマン」だの、このお店限定の品20種類を予定してて、併設するカフェでは、ライ麦パンを使った日替わりオープンサンドなど、本格ベーカリーならではの味が楽しめるってことみたいですぞ!ふーん?

|

« 伊勢原市ゆかりの美術家の作品が並ぶ「第28回伊勢原美術協会展」 | トップページ | 目玉の一つは一、三塁のファウルゾーンに設けられた、選手のプレーを間近で観戦できる客席「エキサイティング・シート」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 県内1号店となるカフェベーカリー「ジョアン」:

« 伊勢原市ゆかりの美術家の作品が並ぶ「第28回伊勢原美術協会展」 | トップページ | 目玉の一つは一、三塁のファウルゾーンに設けられた、選手のプレーを間近で観戦できる客席「エキサイティング・シート」 »