« 高齢者の負担となっている買い物を支援する初の「出張商店街」 in 逗子市のアザリエ望洋公園 | トップページ | 横浜DeNA2年目の飛躍を地元で応援しようと、JR関内駅が“横浜仕様”に模様替え »

3月 21, 2013

そのりりしさから「リン」と名付けられた新江ノ島水族館のメスのフンボルトペンギンが2月14日、息を引き取ってたんだって

ご冥福申し上げます。で、身じろぎしない凜(りん)とした立ち姿で、両の翼をゆっくりと広げる。23歳の長寿を全うしたリンはほとんど視力がなかったんだと。えっー!でで、飼育下でも、縄張りを持つ習性があるフンボルトペンギンの世界では、力や気の弱い個体は、端へ追いやられるそうなんですけど、飼育スペースのほぼ中央、水場にも近接した低い岩の上に陣取り、幼いときから目が見えず、比較的体の小さなメスながらも「縄張りへ立ち入ると、大きなオスのペンギンでも突いて、しっかり追い出していたんだと。ふむふむ。ででで、リンの体調に異変がみられ始めたのは1月中旬ごろってことみたいで、食が細くなり、体重が落ちてき、声をかけても、体に触れても、かつての機敏な反応がみられなくなってきて、とうとうお亡くなりになっちゃったんだって。が、みーんなの心に「リン」とした記憶として残ってますな。安らかに眠ってくださーい!

|

« 高齢者の負担となっている買い物を支援する初の「出張商店街」 in 逗子市のアザリエ望洋公園 | トップページ | 横浜DeNA2年目の飛躍を地元で応援しようと、JR関内駅が“横浜仕様”に模様替え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そのりりしさから「リン」と名付けられた新江ノ島水族館のメスのフンボルトペンギンが2月14日、息を引き取ってたんだって:

« 高齢者の負担となっている買い物を支援する初の「出張商店街」 in 逗子市のアザリエ望洋公園 | トップページ | 横浜DeNA2年目の飛躍を地元で応援しようと、JR関内駅が“横浜仕様”に模様替え »