« そのりりしさから「リン」と名付けられた新江ノ島水族館のメスのフンボルトペンギンが2月14日、息を引き取ってたんだって | トップページ | 南足柄市の大口広場でソメイヨシノのライトアップ »

3月 22, 2013

横浜DeNA2年目の飛躍を地元で応援しようと、JR関内駅が“横浜仕様”に模様替え

でもって、28日からホームやコンコースの壁面にチームロゴの入った看板が設置されんそうで、4月上旬からは南口の駅舎の屋根にマスコットの「DB・スターマン」をあしらった装飾もお目見えし、夜間にはライトアップもされるんだと。さらには、これまでシーズン限定で球団の応援歌をホームの発車メロディーに使用していたようなんですけど、29日からはオフを含めて通年で流されるんだって。でで、問題はチーム自体の戦力!WBCには誰も出ていなかったんだから、その分、練習をつんで、今年こそ、頼むぞ!DeNA!っていうかベイ!

|

« そのりりしさから「リン」と名付けられた新江ノ島水族館のメスのフンボルトペンギンが2月14日、息を引き取ってたんだって | トップページ | 南足柄市の大口広場でソメイヨシノのライトアップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横浜DeNA2年目の飛躍を地元で応援しようと、JR関内駅が“横浜仕様”に模様替え:

« そのりりしさから「リン」と名付けられた新江ノ島水族館のメスのフンボルトペンギンが2月14日、息を引き取ってたんだって | トップページ | 南足柄市の大口広場でソメイヨシノのライトアップ »