« 全国デビューのタイトルは「薬師恋あかり」 | トップページ | 小田急線小田原駅構内にティラノサウルス出現 »

11月 08, 2012

専修大学の学生が女子学生向けの「カフェご飯」3品を開発

てなことで、生田キャンパス内で昼休みに販売してんそうで、ボリュームを抑え、野菜を摂取できるようにするなど女子学生さーんに優しいメニューは、週に1度の限定販売なんだって。えーぇー!で、開発したのは、商学部梶原ゼミでブランドマーケティングを学ぶ3年生11人ってことで、学食の食事はボリュームが多くて食べきれないし、べんべん、コンビニで購入すれば費用がかさむ、べんべん、そんでもって、ヘルシーで量と価格を抑えた弁当ブランドを立ち上げたんだって。なーるほど!でで、女子学生さーんに好まれるよう、ご飯の量を少なくし、おかずの鶏肉は油を使わずグリルにし、ベーグルには、野菜がたっぷり入ったミネストローネスープが付くなど、ヘルシーさをアピールし、値段も300~350円と低価格に抑え、購入者の8割は女子学生さーんで、まさにニーズと合致したってことですかな?これなら、チェリーさんのご主人も一つほしいかもしれませんぞ!が、 今回は試行的な取り組みみたいで、13、20の両日でいったん販売を終えちゃうんだと。えーぇー!

|

« 全国デビューのタイトルは「薬師恋あかり」 | トップページ | 小田急線小田原駅構内にティラノサウルス出現 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 専修大学の学生が女子学生向けの「カフェご飯」3品を開発:

« 全国デビューのタイトルは「薬師恋あかり」 | トップページ | 小田急線小田原駅構内にティラノサウルス出現 »