« コッシーの第二の人生は指導官? | トップページ | 日本最大級の米の祭典「おこめまつり2012」 »

11月 16, 2012

生きている姿が確認されるのは極めて珍しいという深海に生息するイカ「ユウレイイカ」

てなことで、15日午前、藤沢市江の島沖の定置網に掛かったんだって。で、発見されたユウレイイカはっていうと、体長19センチほどで色はピンク色がかった乳白色ってことで、通常は相模湾以南から南シナ海の水深200~600メートルの深海!、ずいぶん深いところにいるんですなあ?、に生息してて、生きている姿をみるのは大変珍しいんだと。まあ、「ユウレイ」ですからな。でで、うわさによると、体をゆらゆらと静かに漂わせ、目の周りや、腕から光を放つみたいなんですけど、詳しい生態は分かっていないんだって。ででで、いまは新江ノ島水族館にいるそうで、映像を残すってことですけど、「イカ」がなものですかなあ?

|

« コッシーの第二の人生は指導官? | トップページ | 日本最大級の米の祭典「おこめまつり2012」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生きている姿が確認されるのは極めて珍しいという深海に生息するイカ「ユウレイイカ」:

« コッシーの第二の人生は指導官? | トップページ | 日本最大級の米の祭典「おこめまつり2012」 »