« 川崎市消防局で50年以上も脈々と受け継がれてきた伝統の賄い飯「消防うどん」 | トップページ | 物知りよっちゃんの復帰祝い! »

11月 22, 2012

「大山きのこカレーミニコース」

で、伊勢原市の代表的な観光地・大山地域の新たな魅力を発信しようと、地元の旅館・飲食店の関係者のみなさーんが地場産食材を生かして開発した新メニューってことで、名物の豆腐料理やきゃらぶきを添えたカレーのミニコースランチなんだと。やっぱり「カレー」なんですなあ?でで、カレーは、地元産のキノコ類や豆腐の厚揚げを使うなど、ヘルシーにこだわりつつ、コクとうま味を持たせたほか、福神漬けの代わりに大山名産のきゃらぶきを添えてあり、さらに、豆腐を作る際に生じるおからをたっぷりと使い食感と栄養効果に優れた枝豆を加えたコロッケや、おぼろ豆腐を使用し特産の柿のジュレを上にかけたババロアからなるんだって。確かに美味しそうですなあ!ででで、 このメニュー、980~1500円ってことで、ずいぶん差がありますなあ。そんでもって、秋のライトアップ期間中(23日~12月2日)、大山阿夫利神社下社参集殿と「山ゆり」、「旅館目黒」で提供され、限定10~30食なんだと。なんかもったいぶってますぞ!

|

« 川崎市消防局で50年以上も脈々と受け継がれてきた伝統の賄い飯「消防うどん」 | トップページ | 物知りよっちゃんの復帰祝い! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「大山きのこカレーミニコース」:

« 川崎市消防局で50年以上も脈々と受け継がれてきた伝統の賄い飯「消防うどん」 | トップページ | 物知りよっちゃんの復帰祝い! »