« 小田急線小田原駅構内にティラノサウルス出現 | トップページ | 「第1回寒川みんなの花火」 »

11月 10, 2012

かつて相模川で見られた屋形船の復活を目指した実証実験

そんでもって、相模川には明治中期ごろから、多くの料亭が漁船を改造した屋形船を出していたそうで、時代とともに料亭がなくなっちゃって、屋形船も姿を消し、現在は営業している屋形船はないんだと。なんかもったいないですなあ。そこに「川」があるのに?で、今回の実験では、厚木観光漁業協同組合の組合長さーんが所有する屋形船を使い、モニターとして外国人や地域住民らを乗せ、弁当を食べるなど川遊びの風情を体験してもらい、アンケートを取り、復活へ向けた検証を行うんだって。ふむふむ、チェリーさんには話がなかったですぞ!どうやら昔は座間辺りで客を乗せて、芸者衆とともに川下りを楽しんでいたようで、いまなら「鮎まつりの花火大会」を川の上から見るっていうのが「おつ」なところですかな?

|

« 小田急線小田原駅構内にティラノサウルス出現 | トップページ | 「第1回寒川みんなの花火」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かつて相模川で見られた屋形船の復活を目指した実証実験:

« 小田急線小田原駅構内にティラノサウルス出現 | トップページ | 「第1回寒川みんなの花火」 »