« 11月に行われた海老名市議選で、異議申し出 | トップページ | 地場野菜を使った料理を競う「第1回みやまえC級グルメコンテスト」 »

12月 13, 2011

埋もれていた農産品の良さを見つめ直し、特産に育てようとの取り組みが、足柄上地域で

で、光を当てているのは、栽培が難しく、新品種に押されるなどして、いつしか忘れ去られた里芋や長芋ってことのようで、本当に埋もれてるんですかなあ?でで、果たして、時ならぬ「芋ブーム」到来となるかなあ?芋に「ブー」ムなんで、相性はいいですかな?でで、開成町で栽培が進むのは、明治から昭和にかけて関東一円で作られていたという里芋「弥一芋」だっていうのなんだと。でもって、キーワードは、「ねっとりとした食感と甘さ」ってことで、なーんかすごそう!

|

« 11月に行われた海老名市議選で、異議申し出 | トップページ | 地場野菜を使った料理を競う「第1回みやまえC級グルメコンテスト」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 埋もれていた農産品の良さを見つめ直し、特産に育てようとの取り組みが、足柄上地域で:

« 11月に行われた海老名市議選で、異議申し出 | トップページ | 地場野菜を使った料理を競う「第1回みやまえC級グルメコンテスト」 »