« ポイント切り替え部分に猫とみられる小動物が挟まって | トップページ | 「川崎市市民文化大使」(第5期、10人)を発表 »

12月 07, 2011

JA全農営農・技術センターで開発したコメの新品種「はるみ」

で、このお米の栽培が、県内外で広がり始めてんそうですぞ。でで、長雨でも品質が低下しにくい特性に加え、神奈川にとっては「湘南生まれ」なんだと。「しょうなん」ですか!ででで、湘南の「晴れた海」にちなんで名付けられたこの「はるみ」、2010年1月に品種登録し、県内で主流のキヌヒカリとコシヒカリを交配した品種で、それぞれの特徴の甘みや粒感などを受け継いでんだって。食べてみないとわかりませーん!でもって、はるみちゃん、伊勢原や湘南など4・8ヘクタールほどで作ってんにすぎないようですな。まだまだですなあ、こりゃぁ、「まい」った?

|

« ポイント切り替え部分に猫とみられる小動物が挟まって | トップページ | 「川崎市市民文化大使」(第5期、10人)を発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JA全農営農・技術センターで開発したコメの新品種「はるみ」:

« ポイント切り替え部分に猫とみられる小動物が挟まって | トップページ | 「川崎市市民文化大使」(第5期、10人)を発表 »