« 災害救助犬の捜索能力を高めようと、国際救助犬連盟(IRO)公認試験 | トップページ | 県立保健福祉大の学生さーんが同大最寄り駅周辺の飲食店や美容院などの店を紹介するマップを作成 »

11月 22, 2011

県内の蔵元で日本酒の仕込みが本格化

てなことで、朝晩の冷え込みが強まる中、銘柄「丹沢山」で知られる山北町山北の川西屋酒造店さーんでは、蔵人が早朝から作業に精を出してんそうですぞ!お疲れさまでーす!で、仕込みは、酒母と米、こうじ、水をタンクに入れてもろみを造る工程ってことで、蔵人は毎日約4千リットル入りの巨大タンクに「かい棒」を入れてかき混ぜ、約1カ月後の蔵出しを待つんだと。いやいや、チェリーさんのご主人も待ちきれないみたいですぞ!まあ、チェリーさんは、あーんまり待ってませーん!飲みませんから!残念?

|

« 災害救助犬の捜索能力を高めようと、国際救助犬連盟(IRO)公認試験 | トップページ | 県立保健福祉大の学生さーんが同大最寄り駅周辺の飲食店や美容院などの店を紹介するマップを作成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 県内の蔵元で日本酒の仕込みが本格化:

« 災害救助犬の捜索能力を高めようと、国際救助犬連盟(IRO)公認試験 | トップページ | 県立保健福祉大の学生さーんが同大最寄り駅周辺の飲食店や美容院などの店を紹介するマップを作成 »