« 二宮町と藤沢市の江の島間を往復する湘南国際マラソン | トップページ | 東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県・三陸鉄道(三鉄)のための「応援商品」 »

11月 05, 2011

地元有志の手でよみがえった相模原市の上溝地区で約0年前に生まれた「上溝シャンソン」

で、近年では歌詞だけが伝わる「幻の曲」だったようなんですけど、苦労の末に古老の歌う録音テープを発掘し、これを基に新たに振り付けまで考案しちゃったんだって。でで、「溝は上溝 町幅広い 春のお月様ほのりと照れば 灯(あか)りつくつくべープを鳴らせ 人が花やら桜やら ヨイヨイ上溝 スチャラカヨイヨイ ホンニ上溝 スチャラカホイ」ってことで、なーんじゃこりゃぁあ?でもって、どうやら当時のにぎわいや名所旧跡が12番までにわたって歌われており、1932年に歌人の並木秋人巨匠が作詞したみたいですぞ。へーぇ?

|

« 二宮町と藤沢市の江の島間を往復する湘南国際マラソン | トップページ | 東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県・三陸鉄道(三鉄)のための「応援商品」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地元有志の手でよみがえった相模原市の上溝地区で約0年前に生まれた「上溝シャンソン」:

« 二宮町と藤沢市の江の島間を往復する湘南国際マラソン | トップページ | 東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県・三陸鉄道(三鉄)のための「応援商品」 »