« 三浦市の観光名所や伝統芸能をデザインした地域限定のオリジナルフレーム切手「海と緑とやすらぎのまち三浦市」 | トップページ | ベイを保有するTBSHDが本拠地の「横浜残留」を前提条件として、新たな球団の売却先を探してんそうですぞ! »

10月 01, 2011

横浜の障害者がアーティストや企業とともに立ち上げた、手作り雑貨ブランド「スローレーベル」

で、スローレーベルっていうのは、「ゆっくりとしたものづくり」を意味する造語ってことみたいで、大量生産では実現できない自由なものづくりを目指すんだと。でで、これまでに、スポンジ人形、陶器のボタン、点字新聞を再利用した祝儀袋などなどを作ってて、中には、横浜在住のファッションデザイナー矢内原充志巨匠と織物を利用したトートバッグ「マサコちゃんの時間」(8400円)なんぞもあるようですぞ!そんでもって、横浜駅西口の横浜高島屋で、10月5日から18日まで約30種類の商品を販売すんだと。まあ、「スロー」なブギにしてくれってところですかな?

|

« 三浦市の観光名所や伝統芸能をデザインした地域限定のオリジナルフレーム切手「海と緑とやすらぎのまち三浦市」 | トップページ | ベイを保有するTBSHDが本拠地の「横浜残留」を前提条件として、新たな球団の売却先を探してんそうですぞ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横浜の障害者がアーティストや企業とともに立ち上げた、手作り雑貨ブランド「スローレーベル」:

« 三浦市の観光名所や伝統芸能をデザインした地域限定のオリジナルフレーム切手「海と緑とやすらぎのまち三浦市」 | トップページ | ベイを保有するTBSHDが本拠地の「横浜残留」を前提条件として、新たな球団の売却先を探してんそうですぞ! »