« JRの「253系」がこの秋、日光へ直通する特急「日光」として神奈川に帰ってくるうう! | トップページ | 相模原の山へ? »

10月 12, 2011

愛川町中津のかつての名産品「中津ほうき」

でもって、「市民蔵常右衛門(しみんぐらつねえもん)」さーんでは、このほうきの売り上げが急増してんだと。でで、この中津ほうき、イネ科の植物を編み込んで作る一般的な座敷ぼうきで、ヤングな世代のお客さんがよく来てんだって。まあ、、しなやかで丈夫ってことで、床に細かい傷を付けづらいようだし、植物の油分が、畳やフローリングにつやを出す効果もあるそうですぞ。そりゃぁ、いいですなあ。ダイソんさーんからも売り出さないかなあ?ところで、愛川町中津、大正から昭和初期にかけて、全国有数のほうき生産地だったみたいで、掃除機の普及ととtもに、仕事を「ほうき」しちゃったんですなあ?

|

« JRの「253系」がこの秋、日光へ直通する特急「日光」として神奈川に帰ってくるうう! | トップページ | 相模原の山へ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛川町中津のかつての名産品「中津ほうき」:

« JRの「253系」がこの秋、日光へ直通する特急「日光」として神奈川に帰ってくるうう! | トップページ | 相模原の山へ? »