« “海のギャング”と呼ばれる「ウツボ」を使った新作「ウツボの空揚げ丼」 | トップページ | 開成町ゆかりのサトイモ「弥(や)一芋(いちいも)」を復活 »

10月 23, 2011

神奈川工科大学市子ども科学館コスモシアターにて15歳以上を対象とした大人のためのプラネタリウム「星空コンサート」?

で、音と光で幻想的な雰囲気を楽しんでもらおうと上演するんだと。なーんで「こども」のところで「おとな」なんだろう?どうやら、厚木市の伝統芸能を伝える「相模国飯山白龍太鼓保存会」の和太鼓演奏に、500万個の星を映し出す最新鋭プラネタリウムが幻想的なイメージを添えるってことのようですぞ!でもって、これまで、琴やフルートなどとの競演はあったが、和太鼓は初めてみたいなんで、「わだい」にはなりますかな?太鼓と星空?、どーんなつながりになるんですかなあ?

|

« “海のギャング”と呼ばれる「ウツボ」を使った新作「ウツボの空揚げ丼」 | トップページ | 開成町ゆかりのサトイモ「弥(や)一芋(いちいも)」を復活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神奈川工科大学市子ども科学館コスモシアターにて15歳以上を対象とした大人のためのプラネタリウム「星空コンサート」?:

« “海のギャング”と呼ばれる「ウツボ」を使った新作「ウツボの空揚げ丼」 | トップページ | 開成町ゆかりのサトイモ「弥(や)一芋(いちいも)」を復活 »