« 東日本大震災に伴う節電対策について | トップページ | 三浦市の観光名所や伝統芸能をデザインした地域限定のオリジナルフレーム切手「海と緑とやすらぎのまち三浦市」 »

9月 29, 2011

絵画の創作活動を続けている自閉症の巨匠が30年近く描きためた作品の一部を一冊の本に!

でもって、横須賀市の河野正典巨匠が40歳を迎えた今年7月に出版したってことで、40年間支えてくれた人たちにささげる感謝の画集なんだと。その気持ちに泣けますなあ。で、巨匠、絵を描き始めたのは幼稚園児のころのようで、一つの場所にじっとしていられない巨匠が自然と絵を描くことにのめり込んでいったんだって。まあ、才能が開花したってことですな。でで、太くはっきりとした縁取りに、鮮やかな色使いで、作品はどれも力強く、何よりも自動車が好きで、これまで3千点以上描いてんだと。おみごと! 

|

« 東日本大震災に伴う節電対策について | トップページ | 三浦市の観光名所や伝統芸能をデザインした地域限定のオリジナルフレーム切手「海と緑とやすらぎのまち三浦市」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絵画の創作活動を続けている自閉症の巨匠が30年近く描きためた作品の一部を一冊の本に!:

« 東日本大震災に伴う節電対策について | トップページ | 三浦市の観光名所や伝統芸能をデザインした地域限定のオリジナルフレーム切手「海と緑とやすらぎのまち三浦市」 »