« びなの市制40周年を記念した「えびな薪能」 | トップページ | 海老名市消防本部と市消防団との初の合同訓練 »

8月 22, 2011

巣立って間もない野鳥を人が誤って“さらう”事例が相次いでんそうで、こわーい!

どうやら飛ぶ練習中に地面に降りたメジロやスズメ、ヒヨドリの子どもを、けがや迷子と勘違いして「誤認保護」してしまうんだと。まあ、悪気はないんでしょうけど、こわーい!ですなあ。そういえば、チェリーさんのご主人も、フローリングで遊んでいるいるチェリーさんを「誤認げり」sるときがありますけど、こっちはわざとかな?

|

« びなの市制40周年を記念した「えびな薪能」 | トップページ | 海老名市消防本部と市消防団との初の合同訓練 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 巣立って間もない野鳥を人が誤って“さらう”事例が相次いでんそうで、こわーい!:

« びなの市制40周年を記念した「えびな薪能」 | トップページ | 海老名市消防本部と市消防団との初の合同訓練 »