« JR京浜東北線の鶴見―川崎間を走行中の磯子発大宮行き北行き普通電車で、「にゃん」ともまあ? | トップページ | 高級食品スーパー「もとまちユニオン」本店をリニューアルオープン »

8月 03, 2011

絶滅の危機にある日本在来種のカザグルマの器官培養に県立中央農業高校にて成功?

が、培養成功率はまだ2%なものの、バイオテクノロジーによる増殖のめどが立ったんだと。で、カザグルマ?、「水戸こうもん」なら終わっちゃうようですけどなあ、は株数が少ないっていうんで、取り組み当初はほかのクレマチスの品種で実施してきたそうで、培養部分を茎や葉から栄養分の多い芽に変えるなどして、成功率を高めてきたんだって。むむむ、まったくわかりませーん?でもって、とにもかくにもカザグルマの器官培養に成功した例は全国的にも珍しいことみたいで、まずは、おめでとうございまーす!あのお風呂に入っていた方の「ぱい」養はできないのかな?

|

« JR京浜東北線の鶴見―川崎間を走行中の磯子発大宮行き北行き普通電車で、「にゃん」ともまあ? | トップページ | 高級食品スーパー「もとまちユニオン」本店をリニューアルオープン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 絶滅の危機にある日本在来種のカザグルマの器官培養に県立中央農業高校にて成功?:

« JR京浜東北線の鶴見―川崎間を走行中の磯子発大宮行き北行き普通電車で、「にゃん」ともまあ? | トップページ | 高級食品スーパー「もとまちユニオン」本店をリニューアルオープン »