« 英国人画家チャールズ・ワーグマンの足跡をたどる「ワーグマンが見た海」展 presented by 県立歴史博物館 | トップページ | JR川崎駅東口のさいか屋川崎店の1階菓匠街に5月末にオープンした市内の名産品を集めた売り場「セレクト・かわさき」 »

6月 12, 2011

横須賀の郷土芸能「虎踊り」が横須賀市の為朝神社で奉納

どうやら近松門左衛門の人形浄瑠璃「国姓(こくせん)爺(や)合戦(かっせん)」の虎狩りが題材ってことのようで、江戸時代から300年近い歴史を持ち、県の無形民俗文化財に指定されてんだと。たいしたもんですなあ。で、笛や太鼓に合わせた唐子(からこ)姿の女児たちの舞踊に続き、大小2匹の虎が迫力ある曲芸を披露し、主人公・和藤内(わとうない)に扮した男児が神符で退治し見えを切ると境内は熱気に包まれたってことなんですけど、やっぱ見てみないと分かりませーん?

|

« 英国人画家チャールズ・ワーグマンの足跡をたどる「ワーグマンが見た海」展 presented by 県立歴史博物館 | トップページ | JR川崎駅東口のさいか屋川崎店の1階菓匠街に5月末にオープンした市内の名産品を集めた売り場「セレクト・かわさき」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横須賀の郷土芸能「虎踊り」が横須賀市の為朝神社で奉納:

« 英国人画家チャールズ・ワーグマンの足跡をたどる「ワーグマンが見た海」展 presented by 県立歴史博物館 | トップページ | JR川崎駅東口のさいか屋川崎店の1階菓匠街に5月末にオープンした市内の名産品を集めた売り場「セレクト・かわさき」 »