« 健康診断 | トップページ | 「メルティ・ストリングス・カルテット」、舌をかんじゃいそうですな、の弦楽四重奏! »

11月 18, 2010

未来の“映画人”の育成を目的とした「日本映画大学」

映画の単科大学は日本初ってことで、2011年4月、川崎市麻生区の市立白山小学校跡地に誕生すんだって。で、この大学、教員は23人で、その内12人は制作現場の第一線で活躍している監督や脚本家が務め、残り11人は研究者らが就くようで、カリキュラムは大きく分けて創作と理論の2分野あり、撮影や編集といった技術を学ぶと同時に、歴史や文化などの知識も深めていくんだと。いやーぁ、「映画って本当にいいもんですね」。でで、この大学の母体である日本映画学校、1975年に故・今村昌平監督が横浜市に横浜放送映画専門学院として開校し、1986年に川崎市に移転し、これまでに「踊る大捜査線」シリーズの本広克行監督や「悪人」の李相日監督など多くの映画関係者を輩出してきたんだって。「それじゃぁ、また、さよなら、さよなら」。

|

« 健康診断 | トップページ | 「メルティ・ストリングス・カルテット」、舌をかんじゃいそうですな、の弦楽四重奏! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 未来の“映画人”の育成を目的とした「日本映画大学」:

« 健康診断 | トップページ | 「メルティ・ストリングス・カルテット」、舌をかんじゃいそうですな、の弦楽四重奏! »