« 横浜市営地下鉄39駅にて初披露から昨年100周年を迎えた森鴎外作詞の「横浜市歌」が放送!が、湘南台駅は放送されませーん! | トップページ | 「竹内風呂桶店」さーんは職人がいる店としては市内最古の歴史を持つ風呂桶屋さーんでーす! »

9月 02, 2010

小田原市の大川木工所さーんを20番目の街かど博物館に認定

小田原市などでつくる街かど博物館研究会議さーんなんですけど、97年から、産業文化のPRと観光客の回遊性向上のため、市内の梅干し、かまぼこ、干物、寄木細工などの老舗店を街かど博物館に認定してんだと。で、1926年に創業し、伝統工芸士の大川肇巨匠は3代目ってことで、巨匠が挽いたわんや盆は、5月の第61回全国植樹祭で来県した天皇・皇后両陛下の食事に使われたんだと。すばらしい!でもって、木地挽(ひ)きの工程を紹介し、そーんな尊い伝統工芸・小田原漆器の魅力を発信していくそうですぞ。「しっき」り頑張ってくださーい!

|

« 横浜市営地下鉄39駅にて初披露から昨年100周年を迎えた森鴎外作詞の「横浜市歌」が放送!が、湘南台駅は放送されませーん! | トップページ | 「竹内風呂桶店」さーんは職人がいる店としては市内最古の歴史を持つ風呂桶屋さーんでーす! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小田原市の大川木工所さーんを20番目の街かど博物館に認定:

« 横浜市営地下鉄39駅にて初披露から昨年100周年を迎えた森鴎外作詞の「横浜市歌」が放送!が、湘南台駅は放送されませーん! | トップページ | 「竹内風呂桶店」さーんは職人がいる店としては市内最古の歴史を持つ風呂桶屋さーんでーす! »