« びなの国分寺台中央商店会とさくら並木商店街の2商店街が活気を呼び戻そうと相次いで、朝市を企画 | トップページ | 夏の思い出を描いた「あんどん」 on 藤沢駅北口の商店街 »

8月 28, 2010

綾瀬への思いを込めた楽曲

2年前の市制30周年に合わせて、「AYASEのWA」という曲を作詞・作曲しした、茅ケ崎市でピアノ教室を開くなどする斉藤洋美先生、誰もが楽しめる綾瀬の楽曲を作ろうと準備を進め、計5つの歌を完成させたってことですぞ。で、斉藤先生が17年前、綾瀬市に引っ越した当時の情景をメロディーにのせた「ひとり野原に」をはじめ、いずれも綾瀬をテーマにしたものみたいで、特に「綾瀬の子守唄(うた)」は市内の公園など、おなじみのスポットを歌に織り交ぜるなど、地元密着歌なんだと。でで、楽曲を収録したミニアルバムは、1枚千円で販売してんだって。「HMV]オンラインで買えるのかなあ?

|

« びなの国分寺台中央商店会とさくら並木商店街の2商店街が活気を呼び戻そうと相次いで、朝市を企画 | トップページ | 夏の思い出を描いた「あんどん」 on 藤沢駅北口の商店街 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 綾瀬への思いを込めた楽曲:

« びなの国分寺台中央商店会とさくら並木商店街の2商店街が活気を呼び戻そうと相次いで、朝市を企画 | トップページ | 夏の思い出を描いた「あんどん」 on 藤沢駅北口の商店街 »