« 今月は「父の日」もあるのに、ごめんなさい! | トップページ | 名門ゴルフ場の程ケ谷カントリー倶楽部が今年1月に「公益社団法人程ケ谷基金」に改組 »

6月 08, 2010

規定重量の小石などが入ったザックを背負い、駅伝方式で標高差約千メートルの山道を上る「第24回丹沢ボッカ駅伝」

この駅伝、丹沢の魅力を多くの人に伝えようと始められた、日本で唯一のユニークな山岳競技ってことで、秦野市の県立秦野戸川公園(標高290メートル)から花立山荘(同1300メートル)までの約6・2キロに110チーム、440人が参加して行われたんだって。要は、クラスごとに背負う重量が違い、Aクラス(18歳以上の男女)は40キロ、B1(同)は20キロ、B3(高校生の男女)は20キロ、C(15歳以上の女子)は10キロの4クラスにて競われるみたいで、背負われた石は山道の修復に利用され、今年は、なーんと約2300キロに達したんだと。まあ、「標高差」があるってことで、「ストーン」ってことなんですかなあ?

|

« 今月は「父の日」もあるのに、ごめんなさい! | トップページ | 名門ゴルフ場の程ケ谷カントリー倶楽部が今年1月に「公益社団法人程ケ谷基金」に改組 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 規定重量の小石などが入ったザックを背負い、駅伝方式で標高差約千メートルの山道を上る「第24回丹沢ボッカ駅伝」:

« 今月は「父の日」もあるのに、ごめんなさい! | トップページ | 名門ゴルフ場の程ケ谷カントリー倶楽部が今年1月に「公益社団法人程ケ谷基金」に改組 »