« 春は悩み多き季節でーす! | トップページ | 小田原城のお土産に新たに加わった「一筆箋(いっぴつせん)」 »

4月 05, 2010

知的障害者支援施設「よし介工芸館」に別館「アートスペース『エクル』」がオープン!

そもそも童画家の故・黒崎義介巨匠の寄付で設立されたってことのようなんですけど、で、その黒崎巨匠は長崎県平戸市の生まれで、1952年に藤沢市鵠沼海岸に転居し、1984年に79歳で亡くなるまで、藤沢を拠点に童画界の重鎮として活躍したんだと。でで、自宅は1986年、夫人によって「市精神薄弱者(児)育成会」に寄付されて同工芸館となったんだと。どうやら現施設が手狭になったため、近くの元郵便局の建物を借りて改修し、そのエクルでは、黒崎さんの遺志を継いで障害者アートの普及活動を行うそうですな。ふむふむ。

|

« 春は悩み多き季節でーす! | トップページ | 小田原城のお土産に新たに加わった「一筆箋(いっぴつせん)」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 知的障害者支援施設「よし介工芸館」に別館「アートスペース『エクル』」がオープン!:

« 春は悩み多き季節でーす! | トップページ | 小田原城のお土産に新たに加わった「一筆箋(いっぴつせん)」 »