« 春の味覚タケノコ | トップページ | 楽しみながら川崎について学んでもらう「かわさきの宝物ペーパークラフト」の第5弾「川崎駅ものがたり―民衆駅の誕生」 »

4月 12, 2010

赤い靴はいてた女の子は本当に横浜から異国の地へと

考えてみれば、「異人さんに連れられて行っちゃった」、「ひいじいさん」じゃありませんぞ!、のに、なーんでここにいるんだろう?っていうことで、1979年11月、「赤い靴記念文化事業団」さーんが協賛や寄付を募り、山下公園に像を建てたそうなんですけど、この6月、米国サンディエゴ市の海を望む公園のシェルターアイランド。にも銅像を建てんことになったんだと。 台座を含め高さ約180センチで、セーラー服姿に、横浜市の花バラと、サンディエゴ市の花カーネーションを手に持ってんだと。が、やっぱり女の子、「いる」んだよなあ?

|

« 春の味覚タケノコ | トップページ | 楽しみながら川崎について学んでもらう「かわさきの宝物ペーパークラフト」の第5弾「川崎駅ものがたり―民衆駅の誕生」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤い靴はいてた女の子は本当に横浜から異国の地へと:

« 春の味覚タケノコ | トップページ | 楽しみながら川崎について学んでもらう「かわさきの宝物ペーパークラフト」の第5弾「川崎駅ものがたり―民衆駅の誕生」 »