« 「みんなと一緒 手話で楽しむ寄席演芸」 in 逗子文化プラザホール | トップページ | びなの来年度予算案 »

1月 29, 2010

記念美術展「鎌女生が描く鎌倉の風景」

昨年10月に創立105周年を迎えた鎌倉女学院さーんなんですけど、中高一貫校ってことで、2002年度から、中学校在籍時の3年間を中心に古都の歴史や文化に触れる「鎌倉学」の授業を行ってんそうで、この美術展、鎌倉学の美術版なんだと。でもって、鎌倉の魅力を見つめ直すため、生徒が学習の中で感じ取った「鎌倉」を1枚の絵に仕上げ、鶴岡八幡宮の初詣での様子や海沿いを疾走する江ノ電、路地を練り歩く僧侶、伝統芸能の流鏑馬(やぶさめ)などが描かれてんだって。でで、画家・岸田劉生の作品「麗子像」のモデルとなった劉生の長女・麗子さんが在学していた縁もあり、麗子さんの次女・岸田夏子さんが審査を担当し、「麗子賞」も新たに創設し、入選作127点を決め、さらに特選6点と佳作4点、麗子賞1点を選考したってことのようですな。ふむふむ?まあ、とにもかくにもがんばってるってことかな?

|

« 「みんなと一緒 手話で楽しむ寄席演芸」 in 逗子文化プラザホール | トップページ | びなの来年度予算案 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 記念美術展「鎌女生が描く鎌倉の風景」:

« 「みんなと一緒 手話で楽しむ寄席演芸」 in 逗子文化プラザホール | トップページ | びなの来年度予算案 »