« 戸塚駅周辺は大変なことになってますぞー!のこころだ! | トップページ | 神奈川県立恩賜箱根公園に、お客さーんの送迎用として電気自動車(EV)1台を導入 »

1月 17, 2010

国の重要無形民俗文化財に指定されている大磯町の火祭り行事「左義長」

夜、大磯町の北浜海岸で行われたそうですな。で、この小正月に行われる左義長、道祖神を祭る「どんど焼き」や「セエトバレエ」とも呼ばれ、江戸時代から伝わってんだと。由緒ありますなあ。で、町民が持ち寄った正月の締め飾りやだるまなどを結わえ付けた10メートル前後の円すい形の塔が全部で9基あって、この円すい形の塔を斎灯(さいと)っていうんだと。でで、午後7時に一斉に火が入れられると、ぱちぱちと音を立てながら煙が上空に舞い上がり、燃える火で団子やもちを焼いて食べ、一年の無病息災を願ったってことですな。まったくもって、健康第一!

|

« 戸塚駅周辺は大変なことになってますぞー!のこころだ! | トップページ | 神奈川県立恩賜箱根公園に、お客さーんの送迎用として電気自動車(EV)1台を導入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国の重要無形民俗文化財に指定されている大磯町の火祭り行事「左義長」:

« 戸塚駅周辺は大変なことになってますぞー!のこころだ! | トップページ | 神奈川県立恩賜箱根公園に、お客さーんの送迎用として電気自動車(EV)1台を導入 »