« 新春福袋事情! | トップページ | 仕事納め »

12月 27, 2009

太宰治の代表作「斜陽」の舞台の旧別荘「雄山荘」が全焼!

で、26日午前4時15分ごろ、曽我神社の方で火が見えるっていうんで消防車8台が出動してみれば、その「雄山荘」から出火してて、約2時間15分後に鎮火したみたいなんですけど、全焼しちゃったんだと。でで、その雄山荘、実業家の別荘として建てられ、かやぶき屋根の数寄屋造りで、西洋や中国の様式が取り入れられた独特な建物だったみたいで、「斜陽」の主人公・かず子さーんのモデルで、太宰さーんが交際していた歌人太田静子さーんが、疎開先として暮らしていたとされ、当の太宰さーん、1947年2月に数日間滞在し、同年6月に「斜陽」を脱稿してんだと。由緒あるのかなあ?ででで、どうやら十数年前から空き家だったそうで、出火当時、門は無施錠の状態で、周囲の塀の一部が破損し、外部から立ち入れる状態だったっていうんで、放火の可能性がありますな。でもって、今年、県内のあっちこっちで由緒ある建物が燃えてますけど、どうなってんだ?

|

« 新春福袋事情! | トップページ | 仕事納め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太宰治の代表作「斜陽」の舞台の旧別荘「雄山荘」が全焼!:

« 新春福袋事情! | トップページ | 仕事納め »