« 川崎駅西口に新たなスポットとなる「しあわせひろば」!「幸区」ですからな! | トップページ | 保険を見直して一杯飲んで? »

12月 08, 2009

「よるにまくらもとにおいてねるとちょんまげがはえるかも」?それは大変でござーる!

横浜市中区区にある造形教室「ドゥイ」に通う幼稚園年中から小学5年生までの子どもたち17人による手作りの、おまじないグッズが岩崎博物館などで販売され、人気を集めてんそうですぞ。で、教室にあった羊毛フェルトや木片、ピンポン球などを素材にしたカラフルな手のひらサイズのオブジェには、子どもたちが自由に考えた手書きの「効能」が添えられてんそうですぞ。まあ、奇想天外でかわいらしいアイデアの、一点一点デザインが異なるグッズは、思いも寄らない個性的な「効能」みたいで、鮮やかに塗ったピンポン球にフェルトを巻き付けた「かたたたきマフラー」は「首にかけると肩たたきをしてくれる」とか、そりゃ、健康にいいですなあ、木の板にフェルトを付けた「ふしぎなおかし」は、「持っていると甘くておいしいお菓子を売っている場所に行ける」とか、ナビですな。チェリーさんやチェリーさんのご主人にぴったりした効能グッズはありますかな?

|

« 川崎駅西口に新たなスポットとなる「しあわせひろば」!「幸区」ですからな! | トップページ | 保険を見直して一杯飲んで? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「よるにまくらもとにおいてねるとちょんまげがはえるかも」?それは大変でござーる!:

« 川崎駅西口に新たなスポットとなる「しあわせひろば」!「幸区」ですからな! | トップページ | 保険を見直して一杯飲んで? »