« 名門ネゴシアン(ワイン商)アルベール・ビショー社と提携して1本5万円のワインの販売 | トップページ | 特別展「光明寺と浄土教美術」、浄土宗の開祖・法然上人が亡くなってから2011年で800年なんだと! »

11月 09, 2009

朗読劇「赤い靴の少女―母・かよの物語」、涙、涙、そして涙!

ハマっ子女優の五大路子さん率いる演劇集団「横浜夢座」さーんが横浜市港北区の港北公会堂にて講演すんそうですぞ。童謡「赤い靴」に込められた親子のきずなを、俳優らの語りで描き出すってことで、主人公は、野口雨情大先生が作詞した「赤い靴」のモデルとされる岩崎きみさーんなんだと。で、そのきみさーん、1902年に静岡で生まれ、開拓移民として母親とともに北海道へ渡ったものの、厳しい生活のために米国人宣教師夫妻に預けられたんだって。でもって、歌詞には「異人さんに連れられて…」ってなってんですけど、実際は結核に侵され、渡米せずにひとり療養施設で過ごしたらしいですな。ということは、「「ひいじいさんに連れられて…」ってわけでもなかったってことですな。でで、本を手にしながら身ぶり手ぶりも加える朗読で、この物語を再現するってことみたいで、涙なくしては聞けませんぞ!

|

« 名門ネゴシアン(ワイン商)アルベール・ビショー社と提携して1本5万円のワインの販売 | トップページ | 特別展「光明寺と浄土教美術」、浄土宗の開祖・法然上人が亡くなってから2011年で800年なんだと! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朗読劇「赤い靴の少女―母・かよの物語」、涙、涙、そして涙!:

« 名門ネゴシアン(ワイン商)アルベール・ビショー社と提携して1本5万円のワインの販売 | トップページ | 特別展「光明寺と浄土教美術」、浄土宗の開祖・法然上人が亡くなってから2011年で800年なんだと! »