« 初代「かながわ食の大使」 | トップページ | 「ファッションライブ107th」!ロックンロールだぜーぇ! »

10月 10, 2009

大雄山最乗寺にて鶏魂(けいこん)供養祭

卵や肉など食用として、チェリーさんちの生活にも欠かせない鶏さーんなんですけど、その霊を慰めるとともに養鶏業の発展を祈念しようっていうんで、催されたそうですぞ。で、僧職の読経が続く中、出席者が焼香し、鶏の霊を供養したんだって。なーぁむ。でもって、県内の養鶏は卵生産が中心みたいで、約120万羽が飼育されてて、1羽当たり年間270~280個の卵を産むんだと。「けっこう!」。でで、その鶏さーんたちの寿命は10年ほどみたいなんですけど、生後5カ月目から卵を産み始め、14カ月程度で採卵用としての役目を終えちゃうんだって。ご苦労さまでーす!

|

« 初代「かながわ食の大使」 | トップページ | 「ファッションライブ107th」!ロックンロールだぜーぇ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大雄山最乗寺にて鶏魂(けいこん)供養祭:

« 初代「かながわ食の大使」 | トップページ | 「ファッションライブ107th」!ロックンロールだぜーぇ! »