« 「とれたてシャキット便」を強化! | トップページ | 秦野市を代表する農産物の一つ、小菊?知りませんでした! »

10月 14, 2009

相模女子大学の学生さーんと茨城県の甘納豆メーカー「つかもと」とのコラボ商品「imoshoku(芋食)」

この会社、OEM(相手先ブランド製造会社)を脱皮し、自社ブランドに挑戦しようと「若い女性向けのサツマイモ甘食」を企画したそうなんですけど、若い女性向け市場開拓は未経験、チェリーさんのご主人もですぞ!、ってことで、中小企業基盤整備機構の仲介で相模女子大を紹介され、昨春、協力を依頼し、大学側との思惑が一致したんだと。チェリーさんのご主人にも、思惑の一致する人?を仲介してくれませんかなあ?で、女子大側、人間社会学部社会マネジメント学科の金森剛准教授が、授業で参加学生を募り、なーんとも8人が手を挙げたそうですな。えらい!人生はこれからですぞ!決してあきらめてはいけませんぞ!「ねばー」、ギブアップですぞ!

|

« 「とれたてシャキット便」を強化! | トップページ | 秦野市を代表する農産物の一つ、小菊?知りませんでした! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相模女子大学の学生さーんと茨城県の甘納豆メーカー「つかもと」とのコラボ商品「imoshoku(芋食)」:

« 「とれたてシャキット便」を強化! | トップページ | 秦野市を代表する農産物の一つ、小菊?知りませんでした! »