« 秦野市を代表する農産物の一つ、小菊?知りませんでした! | トップページ | 17年間にわたって川崎市麻生区などの野山を彩る草花を描いてきた植物スケッチ展 »

10月 16, 2009

食材も器も小田原産にこだわった「小田原どん」の販売店に小田原市内の飲食店10店が新たに加入!「どん」なもんじゃい!

まあ、チェリーさんもすでに存じていることなんですけど、この小田原どん、2月に第一弾の10店が販売を始めてんですぞ。で、さらに6月に販売店を募集したところ、(1) 地場産の食材を使う、(2) 小田原漆器を器とする、(3) もてなしの心がある、の3つのルールを審査し、和食系7店、中華1店、フレンチ1店、多国籍料理1店の計10店が加わり、販売店は計20店となったんだって。では、一気に新メンバーと丼名といきますが、上海酒家の「小田原海鮮中華丼」、活魚割烹(かっぽう)たけなわの「小田原小波(さざなみ)丼」、ぱぁくえりあやまもとの「きまぐれ板さんの小田原どん」、漁師割烹天金の「小田原近海丼」、ビストロJanomeの「小田原地魚がピカッタ丼」、小田原おでん本店の「ご縁満開小田原だしどん」、小田原鈴廣千世倭樓(ちょうわろう)の「鯵(あじ)メンチの小田原づくし丼」、そば茶屋矢秀庵(やしゅうあん)の「小田原鯵梅香丼」、多国籍美食料理しょくあんの「小田原山海恵み丼」、そば季寄(きよせ)季作久(きさく)の「THE・小田原丼」、ってことで、もうお腹いっぱいですぞ!

|

« 秦野市を代表する農産物の一つ、小菊?知りませんでした! | トップページ | 17年間にわたって川崎市麻生区などの野山を彩る草花を描いてきた植物スケッチ展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食材も器も小田原産にこだわった「小田原どん」の販売店に小田原市内の飲食店10店が新たに加入!「どん」なもんじゃい!:

« 秦野市を代表する農産物の一つ、小菊?知りませんでした! | トップページ | 17年間にわたって川崎市麻生区などの野山を彩る草花を描いてきた植物スケッチ展 »