« 環境に優しい花「サンパチェンス」?が見ごろ! | トップページ | チェリーさんが初秋に思うこと »

9月 17, 2009

Jポップを手話で“歌う”音楽ユニット「伝心」

このメンバー、福祉サークル「小田原ゆとり塾」で手話パフォーマンスを楽しむ障害者とその保護者、福祉に関心のある短大生ら約50人なんだと。で、手話は意味が伝わる程度に、ダンスやジェスチャーを楽しめるように形を崩しており、以前の「パラパラ」みたいで、たとえば、ケツメイシの「さくら」などをやってんそうですな。でで、19日に、「ODAWARA姿麗人(しゃれいど)」にてライブデビューすんそうで、女子高生らのロックバンド3組なんぞと共演し、バンドの生演奏による手話パフォーマンスも予定してんだと。熱くなろうぜーぇ!が、ステージの都合上、全員の出演は無理ってことみたいで、20人で熱くさせてくれんそうですぞ!

|

« 環境に優しい花「サンパチェンス」?が見ごろ! | トップページ | チェリーさんが初秋に思うこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Jポップを手話で“歌う”音楽ユニット「伝心」:

« 環境に優しい花「サンパチェンス」?が見ごろ! | トップページ | チェリーさんが初秋に思うこと »