« 箱根ガラスの森美術館に生後間もないマガモのひなのさえずり!「ピーピー」! | トップページ | 県立横須賀工業高校機械科の先生たちがパイプいすを収納する台車12台を製造 »

9月 01, 2009

「県央の相模線物語」 at 相模原市立相模原麻溝公園のグリーンタワー展望ギャラリー

相模川と並行して走り、茅ケ崎からびなを通って相模原を結ぶ「相模線」の写真を集めたんだと。どうやら山梨県出身で相模原市在住のアマチュア写真家の巨匠が身近な鉄道として相模線に興味を持って写真撮影を始め、これまでに約500点の作品を取りためたんだと。で、この中から厳選した31点を展示してるってことで、1982年から約20年間に撮影したもので大半が白黒写真なんだと。時代を感じますなあ?でで、東海道新幹線と線路が交差する倉見駅!新幹線新駅で盛り上がってんのかなあ?周辺の写真など、沿線の風景を切り取った写真が並んでんんそうですけど、昨今、リニアの話だのもあって、いやいや、やっぱり時代を感じますなあ?が、まだ単線ですぞ!

|

« 箱根ガラスの森美術館に生後間もないマガモのひなのさえずり!「ピーピー」! | トップページ | 県立横須賀工業高校機械科の先生たちがパイプいすを収納する台車12台を製造 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「県央の相模線物語」 at 相模原市立相模原麻溝公園のグリーンタワー展望ギャラリー:

« 箱根ガラスの森美術館に生後間もないマガモのひなのさえずり!「ピーピー」! | トップページ | 県立横須賀工業高校機械科の先生たちがパイプいすを収納する台車12台を製造 »