« 期日前投票 | トップページ | 「県央の相模線物語」 at 相模原市立相模原麻溝公園のグリーンタワー展望ギャラリー »

8月 31, 2009

箱根ガラスの森美術館に生後間もないマガモのひなのさえずり!「ピーピー」!

どうやら開館した1996年、スタッフがマガモ数羽を放してから、ほぼ毎年ひなが誕生してんそうで、例年7月中にふ化していたみたいなんですけど、今年は1カ月ほど遅れてたんだと。そしたら、庭園の池に浮かぶ島に営巣した母ガモは今月初め、卵を産み、27日朝、茶色の産毛を蓄えた体長7センチほどの3羽が無事に誕生したってことですな。ハッピー・バースデイ!でもって、島に配置されたガラスのシャンデリア!が、カラスや猫よけに役立ってんだと。なかなかセレブな身分ですなあ。これからが世間の荒波ですぞ!何か困ったことがあったら、「かもーん」!「かもーん」!

|

« 期日前投票 | トップページ | 「県央の相模線物語」 at 相模原市立相模原麻溝公園のグリーンタワー展望ギャラリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 箱根ガラスの森美術館に生後間もないマガモのひなのさえずり!「ピーピー」!:

« 期日前投票 | トップページ | 「県央の相模線物語」 at 相模原市立相模原麻溝公園のグリーンタワー展望ギャラリー »