« 関東学院大学と崎陽軒が「点心」をテーマに「横浜の新名物」を産学協同で開発!食べられるのは来年以降かな? | トップページ | 「似顔絵捜査員」の養成研修会 »

7月 15, 2009

「たねまるチャーハン」

またまた、やっぱりってことで、「開国博Y150」を味でサポートしようっていうんで、横浜エクセルホテル東急さーんなんですけど、館内の中国料理レストラン「孔雀庁」で9月27日まで提供すんだって。で、このチャーハン、顔がチャーシュー入りの卵チャーハンってことのようで、胴体がエビチリで、混ぜながら食べんそうなんですけど、黒目はシメジ、白目は卵の白身、手はウズラの卵、足はエビ蒸しギョーザ、顔と胴体との境はマコモタケ、頭のてっぺんはスナックエンドウで、価格は開港した年にちなんで1859円なんだと。うーん?チャーハンですからなあ?でで、その他に全長150ミリの特大ギョーザと全長300ミリの春巻きもあるそうなんですけど、これら3点セットで1859円なら文句はありませんぞ!食べ過ぎか?

|

« 関東学院大学と崎陽軒が「点心」をテーマに「横浜の新名物」を産学協同で開発!食べられるのは来年以降かな? | トップページ | 「似顔絵捜査員」の養成研修会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「たねまるチャーハン」:

« 関東学院大学と崎陽軒が「点心」をテーマに「横浜の新名物」を産学協同で開発!食べられるのは来年以降かな? | トップページ | 「似顔絵捜査員」の養成研修会 »