« 「浴衣でお茶会」!まあ、「ゆかった、ゆかった」? | トップページ | 関東学院大学と崎陽軒が「点心」をテーマに「横浜の新名物」を産学協同で開発!食べられるのは来年以降かな? »

7月 13, 2009

精神障害者が自主制作した娯楽映画「スギタの帝王2」

横浜市中区の映画館「シネマ・ジャック&ベティ」で無料上映されたんだって。で、映画を制作したのは、精神障害者の地域作業施設「スペース杉田」の映画サークルってことで、ヤミ金業者を題材にしたビデオ映画「難波金融伝 ミナミの帝王」をコミカルにアレンジしたものなんだと。よってもって、さむーいギャグが連発されてんみたいですぞ。でで、障害者32人が出演してて、ロケでは近隣の喫茶店やスナックなどで協力が得られ、フランス料理店のオーナーシェフも出演するなど、地域住民を合わせて60人以上が撮影に参加してんそうですな。なーんかノンフィクション映画だったりして?

|

« 「浴衣でお茶会」!まあ、「ゆかった、ゆかった」? | トップページ | 関東学院大学と崎陽軒が「点心」をテーマに「横浜の新名物」を産学協同で開発!食べられるのは来年以降かな? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 精神障害者が自主制作した娯楽映画「スギタの帝王2」:

« 「浴衣でお茶会」!まあ、「ゆかった、ゆかった」? | トップページ | 関東学院大学と崎陽軒が「点心」をテーマに「横浜の新名物」を産学協同で開発!食べられるのは来年以降かな? »